読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カモン、2人目。

41歳、低AMH。2人目希望で38歳から不妊治療。

BT9 判定日でした。

ART3/採卵~凍結胚盤胞移植

今日はBT9。

 

中間検査だなーと思って、病院へ行ってきました。

病院から貰ったスケジュールの紙に「移植から2週間後に判定」とありましたし、

体外受精2周期目の新鮮胚移植をした際は、ET12に中間検査、ET18が判定日でしたから、

判定日はBT14でまだ先と思っていました。

 

新鮮胚移植の時。↓

 

hutarime-come.hatenablog.com

 

 

だから今回も、採血はしてもhcgは調べないんだから「まだわかりません」とか言われて薬が追加されて終わるのがおち。

んで帰ってきたら自分でフライング検査しようと決めていました。

(無駄に黄体ホルモンの服用をして生理を先延ばしにするのは嫌だったから。)

 

 

待って採血して待って、内診。

そして診察室へ。

 

 

 

「残念ながらそのうち生理が来ると思います。」

 

 

と言われました。

 

 

 

 

ダメでした。

 

おいおい今日それが来るのかよ。

心の準備をしないまま、残念な結果を知ることとなった。

 

 

この現実・・・

 

苦しいというか辛いというかぽっかりと空虚でもあるフワフワとした気持ちで、自転車を漕いで帰ってきました。

 

どうせ結果は出ないんだから、気晴らしに病院の帰りにユニクロ寄って秋物買おうって思ってたのに。

 

結果を聞いて病院を出てからぼんやりと、

「元気ださなきゃ。ユニクロ行って楽しいこと考えよ。」

って自転車を漕ぎ出したんですが・・・

 

電動自転車のバッテリーが少なかった。

ユニクロへの往復には足らぬ残量。

 

 

何だよう!

何もかもうまくいかねえやっ!

 

って余計に哀しくなった。

BT1日目の朝、何故かふっと飲み忘れたルトラール。

自分のせいだけど何でこの日にと思わずにはいられない。

着床しなかったのはこれが原因のような気がする。

ホルモン周期で、黄体ホルモンをきっちり服用しなければいけない時期だった。

そんな出来事も丸々含めて、

2人目はもう産まれない運命なのか。

私達家族はそういう運命なのかって思ってしまう。

 

 

ユニクロで気晴らしもできないので、コンビニでクリームがたっぷりのロールケーキを買って食べました。

 

 

というわけで。

初めての凍結胚盤胞移植は、陰性で終わりました。

 

hutarime-come.hatenablog.com