読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カモン、2人目。

41歳、低AMH。2人目希望で38歳から不妊治療。

移植前周期、ピル処方で避妊をするのはなぜ?

凍結胚盤胞の移植を次周期に控え、今はお休み期間です。

本日はD8。

D4で処方されたファボワール、毎晩1錠ずつ飲んでいます。

D4~D16までの12日間。

 

ファボワールっていうのは、低用量ピル。

卵胞の成長を抑制し、排卵を抑えるお薬。

避妊をするんですね、妊娠希望で治療をしているのに。

 

早く欲しいのに、1周期でも無駄にしたくないのに!!

何でこんなの飲まなきゃいけないんだっ!?

飲まなくてもいいんじゃないか??

とかね、思いましたよ。病院で何の説明も無かったので混乱しました。

移植前周期にピルを処方する理由

わからないのでやっぱり検索、検索。

こちらのサイトが参考になりました。↓

排卵を抑えてしまうピルを、なぜ体外受精で使用するのでしょうか?これには2つの目的があります。それは、
・排卵スケジュールのコントロール
・排卵誘発剤を使う周期に、卵巣に卵胞を残さない
という目的です。

引用元:体外受精でピルを使う理由は? | 妊活ナビ.com

 

 ピルの本来の目的は避妊で、着床を抑えるために服用します。長期間の服用により、その効果は高くなります。
 このピルを妊娠するためART(高度生殖医療)に使うことは、一見矛盾しているように思いますね。ARTでのピルの目的は、FSHの値が高くなっている場合にFSHを下げることや、採卵のために用いた多量の排卵誘発剤で低下した卵巣機能(黄体機能)や内膜の状態を正常に戻すことにあります。ピルでホルモン環境をリセットすることができるわけです。

引用元:ABC不妊治療Q&A百科事典 分類別Q&A過去ログ

 

移植の前周期にピルを飲むのは、卵巣や子宮内膜を整える目的だったのか。

同じように焦る気持ちを書かれている方も多くて、わりと一般的な治療みたいですね。

 

自然周期での採卵ならピルで調整は必要ない、ホルモン補充で採卵ならピルを飲む、というような書き込みもあり。病院の方針によっても様々なんでしょう。

いずれにしても説明はして欲しいですけどね・・・。

 

そんなわけで、今周期は身体を休めつつ元気に過ごします。

 

※※その後の記事、こちらにもピルのこと書いてます。↓