読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カモン、2人目。

41歳、低AMH。2人目希望で38歳から不妊治療。

移植は延期。エストラーナ貼っても卵胞ができた。

今年の春は忙しい。

多忙過ぎて久々の更新となってしまいました。

 

前周期は、転院して2回目の採卵でした。

1個だけ採卵できて、その1個が胚盤胞になり、凍結することができました。

前回リセット待ちと書いた翌日にリセット。

周期はD25でした。

 

そして本日はもうD21・・・。

連日予定が詰まってブログが書けずにいましたが、合間に病院へも通ってました。

今周期は胚盤胞移植の予定だったんです。

 

移植は延期

はい、そうなんです。

楽しみにしていた胚盤胞移植は次周期に延期になっちゃいました。

理由は、卵胞ができてしまったから。

 

移植周期に処方されたエストラーナテープの目的

凍結胚盤胞の移植に備えてD3に受診。

処方されたのは、エストラーナテープ。

お腹周りに貼って皮膚から吸収するタイプの薬で、2日ごとに貼り替え。

D3・D5は2枚ずつ、D7・D9・D11・D14・D15は4枚ずつ貼りました。

 

転院前にも使ったことがあるエストラーナテープですが、今の先生に改めて聞いてみました。

 

移植に備えて内膜を厚くするのと、卵胞を作らせない目的だそうです。

自然な排卵をさせないので、自然な生理周期に合わせて移植日を決めるわけではない。

移植にいい状態を人工的に作り出して、ベストなタイミングに移植をするんだそう。

 

ほほぅ、なるほど。

エストロゲン(卵胞ホルモン)を補充し子宮内膜を厚くするもの、と以前勉強していたのですが、卵胞を作らせないってのも大事なポイントだったのか。

 

エストラーナ貼っても卵胞ができて・・・延期

D3~エストラーナを続けてD17の再診を迎えました。

そしたら超音波検査で、卵胞が・・・ありました!!

15mm未満とD17にしては小さく通常よりも成長がかなり遅い。

だけど丸いのが3つくらい確認できました。

 

基本的にエストラーナを使うと卵胞はできない。

でもまれに卵胞ができる人もいる。

その卵胞が排卵するのを利用して、タイミングを合わせて移植するという方法もある。

ただこの大きさだとおそらく排卵はしないだろうと思う。

でもこれが排卵しちゃった場合は移植のタイミングが難しくなる。

移植してもいいけどちょっと気になるなぁ、と先生。

私もせっかくできた胚盤胞、しかも1個しかないし大事にしたい。

 

というわけで、次周期に移植することにしました。

残念だけれど、体調を整えて再チャレンジしたいと思います。

 

 

ここでちょっと気になったのは、前の病院ではどうだったかという事。

胚盤胞が2つできて、凍結胚盤胞移植を2回したのですが、やはり移植前からエストラーナテープを貼っていました。

当時は、これを貼って内膜が厚くなればOKという認識で、医師からそれ以上の説明も無かったので、移植前の内診で卵胞ができてたか否か、記憶が定かじゃないのです。

あまり細かいことは気にしない、できる時はできるしできない時はできない、というような考えの先生だったと思うので、卵胞の有無は特に注視していなかったのかも・・・。

内膜の厚さは移植判断の基本なのでしょうが、卵胞の有無は病院によって判断が違うのかなと思います。

 

 

あぁ、振り返ってみると、貼り間違いとか飲み忘れとか・・・。

あの時の胚盤胞2個も、もっとベストな状態で移植できていたらもしかして・・・なんて考えてしまいました。

たらればですけどね・・・。

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク