カモン、2人目。

41歳、低AMH。2人目希望で38歳から不妊治療。

40歳 低AMHの現実。ショート法なのに卵胞1個。

さっき診察行ってきました。

ショート法で排卵誘発をしていて、今日はD8。

内診で卵胞を確認しましたら・・・

 

卵胞が1個だけしかなかった、です。

 

40歳、低AMHの現実。

1個だなんて。

ショート法で誘発したのに?

排卵誘発の方法としては一番きつめの方法をやったのに?

胚盤胞のグレードを上げる、

複数の採卵をして2個移植をする、

という目標でショート法を試みたはずが・・・。

 

1個だけは正直予想外でした。

前回2月の採卵では、クロミッドの低刺激誘発で、卵胞は2個できていました。

(位置が悪くて採卵できたのは1個だけでしたが。)

それに昨夏、前の病院でもやったショート法では、3個採卵できて2個が胚盤胞になっていました。

低AMHではあるけれど、これまでは排卵誘発をすれば2個、3個は採卵できていたのです。

だのに。

 

これが40歳か。

40歳ってことなのか。

39歳だった昨年の自分とは確実に違うのだ。

30代と40代ではがくっと出産率が落ちる、卵子の老化。そういう現実。

 

そして低AMH。

卵巣年齢が高い、残りの卵胞が少ないってこと。

ついに、もう、ほんとに

残された卵胞は極少なくなってきているんだなと、

AMH検査の結果ってやっぱり本当なのねって、実感させられました。  

 

そして、1個だけれども採卵日が決定しました。

明後日のD10が採卵です。早っ!

 

「この1つを大事にしましょう。」と先生は励ましてくれました。

当初の目標は胚盤胞の2個移植でしたので、今回の採卵結果がどうなるかわかりませんが、次もまた採卵にトライして、胚盤胞を2個にしてから移植したい方向で話しました。

1個しかないけれど、どうか・・・

この1個が元気な、良いグレードの胚盤胞に育ってくれますように。。。

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク