読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カモン、2人目。

41歳、低AMH。2人目希望で38歳から不妊治療。

BT8~BT12 茶オリ止まる。判定前。

BT6から突然薄い茶オリが出始め、BT7に受診。

止血剤のアドナとトランサミンを処方されました。

BT7から飲み始めて、BT8、BT9は極薄い茶オリ、BT10~BT12は全く無し。

止血剤はBT11で飲み終わってますが、以後の茶オリは無く、止まってくれたみたいです。

症状はあまり無く・・・普通に元気に過ごしましたが、一応気になったことを記しておきます。


 

BT9 飛行機に乗って頭痛が。

大事にしたい時期ですが・・・飛行機でちょいと出掛けました。

往路の途中から機内で少し頭痛がしてきました。降りてから就寝まで結構ガンガン頭痛がしていて、ちょっと辛かった。気持ち悪さは無し。

気圧による脳内の血流変化が原因かと思いますが、これってもしかして妊娠超初期で・・・ホルモン変化と相まって脳の血流が激しくなってるから??・・・なんて妄想してしまった。

復路の飛行機は頭痛出なかったけど・・・。

BT11 膣内の様子が違う??

移植の4日前からウトロゲスタン膣座薬を毎日入れていますけれど、BT11にふっと感じた違和感。

あれ?何だろ?

いつもと同じように入れているのに中の様子が違うように感じたのです。これが具体的にどうと表現するのが難しいんですけれど、奥まで入っていかない狭いような。

私は実施したことは無いのですが、「福さん式」という子宮口やおりものの様子を観察して排卵日を予測したりする方法があるそうですね。

ちらりと検索したら「妊娠すると子宮口が遠くなる」「妊娠しておらず生理が近づくと子宮口は近くなる」とな。

・・・・うーむ。

普段から観察していないから、この私が感じた違和感がどっちなのか、結局わからずじまいです(泣)。

BT13 今日は判定日。

BT13でD29、今日はついに判定日です。

フライングは全くせずにここまで来ました。

少しの茶オリが出たけれど、ウトロゲスタンの影響でリセットが延びているだけかも知れない。アドナとトランサミンで止血までして。

だから今日で薬が終われば、明日明後日にはリセット、また次のことを考えなければ。

 

でも、でも、もしかして。

今回は凍結じゃなくて初めて新鮮胚盤胞移植をしました。

そして初めての胚盤胞2個移植。

グレードは3AAと2ABで、先生も「今回はいいのを戻したねえ。」と言ってくれた卵。

だからもしかして。

もうすぐ激しく恐い瞬間が待ち構えていますが、結果を粛々と受け止めたいと思います。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク