読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カモン、2人目。

41歳、低AMH。2人目希望で38歳から不妊治療。

新年。41歳。治療再開。

新しい年の始まり。

私は一つ歳をとり、41歳になりました。

38歳半から始めた不妊治療でしたが、あっという間に41歳か。

 

昨年は不妊治療中で初の陽性反応を見ることができました。

娘を授かったとき以来、8年ぶりの着床でした。

けれど心拍を確認することはできず、稽留流産という結果に。

流産手術後も回復が遅く、3周期もお休みするという年末・・・。

流産手術から回復、治療再開。

年が明けて、一昨日リセットしましたの早速病院へ。

やっと!今度こそ!治療再開することとなりました!

前回の内診時に「内膜症でしたっけ?」と言われたのが気にかかっていましたが、今回診て貰ったら子宮内は全く問題無いとの事でした。前回見えた丸い影は黄体の残りだったようです。

ひとまず良かった。


現在、40歳半の時に採った凍結卵が1個あります。

これまで1個移植では一度も着床しなかった。それが前回2個移植をしたら着床してくれたという結果からして、次も2個移植を目指します。

2個揃えて移植するために、今周期はまた採卵からスタート。

今回もショート法で。

朝晩2回の点鼻薬と、毎日病院へ行ってテイゾー注射、始まっています。

転院して丸一年

思い返すと一年前の今頃、今の病院へ転院をしたのでした。

前の病院では先生の対応がきつくて説明も足りなくて不安が募って、治療が辛いのじゃなく先生に会うのが嫌になって、心が拒否してましたね。

今の先生は話しやすく聞きやすいし、いつも笑顔で接してくれるし、普通に励ましや声掛けがふつうに優しい。納得しながら前に進んでいると感じる。

そして治療中で初めて、着床してくれた。一つの結果は残した。そんな一年でしたね。

たらればだけれど、もっと早く前の病院に見切りを付けて、転院していたらなぁって思う。39歳とかもっと早いうちに。

そしたら今頃は・・・・・・

たらればだけどね。

 

残された時間、残された予算は少ないけれど、また希望を持って進んでみます。

 

転院した1年前の過去記事。↓ 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク