読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カモン、2人目。

41歳、低AMH。2人目希望で38歳から不妊治療。

移植後の薬 初めてのプレドニゾロンに期待

妊活基礎知識 ART11/凍結胚盤胞移植

f:id:susumeko:20170223143241j:plain

凍結胚盤胞移植をしました今周期。

2年半の不妊治療中で、初めて処方された薬がありました。

プレドニゾロン という薬です。

朝晩1錠ずつ、全15日分を処方されています。移植の4日前から飲み始めて、移植後BT10まで。

ちなみに本日はD28、BT7です。

明日のBT8が判定日ですので・・・もしかしたら明日で服薬終了の可能性あり・・・ですが一応書き残しておきます。

プレドニゾロンはステロイド薬

病院からの説明書きにはこう書いてあります。

「副腎皮質ホルモンで、炎症やアレルギー症状を抑える薬です」

もっと詳しく検索してみました。

ステロイド系抗炎症薬である。

抗炎症作用、抗免疫抑制作用があって、不妊治療だけでなく自己免疫疾患、アレルギー疾患、痛風、急性白血病、メニエール病等々・・・幅広く治療に使われているそうです。

また一例として「移植片拒絶反応」にも使われる事があるとも。

今回の処方はまさにコレですね。

移植した胚を異物として拒絶しないように

せっかく移植した胚を異物として身体が拒絶しないように、着床を妨げないように飲んでいるのだな。

うん、なるほど納得です。

でもさ・・・

もっと早く処方されてたら・・・

昨年の流産しちゃった時に飲んでいたらもしかして・・・と思ってしまったよ。

ステロイドだから初めからガンガン処方されるものではなく、何度か移植してダメなら、という薬らしいけど、お財布的にも年齢的にものんびり試している余裕は無かったんだよー(泣)。

プレドニゾロン、私にとっては最初で最後の薬です。

この移植を最後に不妊治療を終わるのです。だから先生もフル処方してくれたのでしょう。

プレドニゾロン効果が出ていることを期待します!