読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カモン、2人目。

41歳、低AMH。2人目希望で38歳から不妊治療。

BT11リセット待ち。だが判定日の謎対応。

今日はD32でBT11。

 

初めての胚盤胞移植をしたもののBT9の再診で陰性と告げられ、リセット待ちです。

茶おりもまだ無いのでリセットはもう数日かかりそう。

 

 

振り返ってみるとBT5で体温低下した、あそこで結果は出てたのかなって思います。

BT6から微妙な高温を保ったのは、エストラーナ・ルトラール・ルティナスの力だったのでしょう。

 

陰性となったのですぐにエストラーナテープを剥がしました。

ルトラールも無し。

ルティナス膣錠も無し。

当帰芍薬散とビタミン剤くらいしか飲むものが無くなった。

昨日も今日も基礎体温を測りませんでした。

 

哀しいけれど久しぶりに、開放感を味わってます。

何時に何を飲んで、何時に注射して~という緊張感がまったく無い、のんびりした日常。

哀しいけれど、ホッとする気持ちが確実にあります(涙)。

 

 

 

さて、判定日の謎対応について書きます。

私はこれまで、新鮮胚移植1回と今回の凍結胚盤胞移植1回をしています。

 

新鮮胚移植のときは、ET12で中間検査、ET18が判定日でした。

この時はネット情報からET12が判定日と思い込んでて、行ってみたら採血はしたのにhcgは調べてもらえず。

ET18の判定日まで無駄にエストラーナ&ルトラールを服用することになって、モヤモヤした結果となりました。 

  ↓

 その経験を踏まえて今回も、ET9では中間採血はするけどhcgは調べないと思ってました。

判定日は2週間後とも記載もあったし。

それがET9の採血でhcgも調べてて、陰性の告知・・・。

 

予想外で知らされて頭が真っ白になりましたけど、

早く知れたのは今は良かったとは思います。

新鮮胚の時みたいに期待持たせて無駄に服薬なんて辛いもの。

 

 

だけどそうすると・・・

前回の新鮮胚の時だってET12でhcgを測ってくれりゃーよかったんじゃないか!?

って思ってしまうわけですよ。

 

 

 

リセットしたら3日目にまた病院へ行かなくては。

凍結胚盤胞はあと一つ残っています。

次もできると言われたので、休まず次周期に移植することにしましたが・・・

次はどうなるかな。

 

この1つがダメだったら、胚がゼロになったら今の病院は終わるつもりです。

転院するか・・・

治療を止めるか・・・

ということ、考えなくてはいけません。

 

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク