カモン、2人目。

41歳、低AMH。2人目希望で38歳から不妊治療。

リセットしたけどFT手術は延期。

リセットしまして本日はもうD5。

今周期はうまくいけばFT手術をする予定で、それを最後に病院での不妊治療を完全に終わる予定でした。

ですが・・・延期となってしまいました。

卵管狭窄なのでFT手術をする

高度生殖医療からは卒業したので、前周期から薬も治療も無く過ごしていましたが、卵管造影だけ受けていました。

その結果は、卵管は通っているけれどかなり狭いとの診断。

それは想定の範囲だったので、やはり不妊治療を完全に止める前にFT手術だけはやっておきたいと希望して、先生も同意。今周期に手術する予定だったのです。

※※FT手術というのは、「卵管鏡下卵管形成術」というもので、卵管閉塞や卵管狭窄となっている卵管を拡げる手術です。

スケジュールが運悪く

FT手術をする時期は「生理終了後3日以内に行う」とうちの病院では指定されています。

リセットしたらすぐ受診し、手術の予約を取る必要がありました。

なのにリセットしたのが旅行中・・・。

更に「生理終了後3日以内」の時期にパパの出張が重なっていました・・・運悪く。

FTは基本的に日帰り手術なのですが、一応手術ですからね。

万一の事態に備えて手術中は家族の付き添いが必須。また体調回復が思わしくなければ1泊入院もあり得る。

そうなったら娘のことはパパに任せることになるので、パパ抜きで手術は受けられません。

そんなわけで、FT手術は次周期に延期となりました。

次はゴールデンウィークがあるのが気掛かりですが・・・・・うまく事が運ぶことを祈って。

卵管造影のゴールデン期間だから。

FTは延期でも、前周期に卵管造影をしたばかりですから。奇跡が起こらないとも限らない。焦らず過ごしたいと思います。

卵管造影は検査ですが、治療の側面もあるのです。

造影剤を卵管に通すことで卵管の通りが改善して妊娠率が上がるのです。

卵管造影後だいたい4~6ヶ月が妊娠しやすい期間らしく、これをゴールデン期間とかゴールデンタイムと言うのですね。

私の場合は卵管狭窄ですから、正にドンピシャで変化を期待できるってもんです。

・・・・ま、あとは卵ちゃん次第なので厳しいでしょうけど。アラフォーだって一応はゴールデン期間なんだから(笑)。前向きに過ごします!! 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク